日本文理大学医療専門学校

TEL:097-524-2857|FAX:097-524-2890|E-mail:iryou@nbu.ac.jp

資料請求オープンキャンパスお申込み

就職サポート

幅広い分野で活躍し、高い評価を受ける卒業生。医療人としての第一歩は、入学時から始まっています。

本校には、全国から多数の求人募集の要請があります。学生一人ひとりの適性や希望に合った就職が実現できるよう、独自の就職サポート体制を整え、1年次から進路指導を実施するなど、早い時期から就職意識を高めていきます。さらに、校内ではスーツ、実習時は白衣の着用を義務づけ、入学時から医療人としての心構えと誇りを身につけます。

内定者からのメッセージ

  • 3年間の濃密学習が就職を強力に後押し。 診療放射線学科 川原 優子 さん

    希望の病院に就職が無事内定。実践を想定した学内実習のおかげで臨床実習も落ち着いて臨めましたし、就職時の筆記試験でも、学んだ撮影学などがそのまま役に立ちました。3年間必要なことばかりを夢中で学んだ経験を力に、今後はマンモグラフィ認定資格※にも挑戦。現場で信頼される技師を目指します。

    ※検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師

  • 患者様の不安を和らげられる女性技師に。 診療放射線学科 立石 瑞季 さん

    本校の実習室は病院と同等の設備が完備されているので、臨床実習は患者様への的確な対応を強く意識してスムーズに学ぶことができました。国家試験も第1種・2種の放射線取扱主任者資格が取得でき、今後は笑顔で患者様の不安に親身に対応できる女性技師として、故郷の病院で地域医療に貢献していくつもりです。

  • 生活習慣病改善に貢献できる研究者を夢みて。 臨床検査学科 安達 香織 さん

    先生方がご自身の臨床体験をもとに、授業してくださる内容が興味深かったです。座学で得た知識を実習で理解しながら生体内での状態を考えることに、とてもやりがいを感じました。内定先はグループ系列の病院で症例研究や情報交換も活発です。多くの患者様を支えられるよう、今後は糖尿病療養指導士の資格も目指します。

  • 手厚い面接指導で自己PRなどの苦手を克服。 臨床検査学科 平原 侑実 さん

    実習で病理検査に興味を持ち、早い時期に進路希望を決めました。先生方から「医療系も今後コミュニケーション能力が重要になる」と面接指導をきめ細かく受け、『細胞診』で最新鋭のシステムを駆使する病理検査の専門会社に内定しました。セミナーで学んだ社会人としてのあり方も、新職場で活かしていきます。

  • 大学病院で高度先端医療に携わりたい。 臨床工学科 竹之内 祥吾 さん

    幼少期の手術経験から、将来は医療系で働こうと決めていました。本校で透析などの人工臓器実習を数多く体験できる中で、人工心肺業務のプロにと目標を定め、希望どおり人工心肺の症例数の多い特定機能病院に内定できた時はうれしかったです。今後は体外循環技術認定士の資格にも挑戦します。

  • 職場で多くの業務をこなせるエキスパートに。 臨床工学科 横山 智美 さん

    臨床工学技士は、臨床と医療機器両方の専門家ですから、今後関わっていく業務範囲は広く、やりがいも将来性もあると思います。循環器系に力を入れている新しい職場に一日も早くなじみ、本校でしっかり学んだことを基本に、人工心肺をはじめとする多様な業務をスムーズに行うことで患者様のお役に立っていきたいです。

サポート体制

  • 進路セミナー

    進路セミナー

    人間形成と就職支援のため、1年次から定期的に実施。

    医療人として、また社会人としての人間形成を目的とした独自の「進路セミナー」を、全学科・全学年で定期的に開催しています。医師や技師(士)による「医学・医療講座」、卒業生を招いて実社会での経験談を聞く講演やパネルディスカッションなどを通して、医療人・社会人としての教養を深め、自覚を身につけていきます。また、2年次からはビジネスマナーや適性検査、面接対策などの就職活動支援も行います。

  • 個別指導

    個別指導

    人ひとりに向き合い、就職や進学相談を個別サポート。

    進路指導部では、「進路セミナー」の一環として用意されている「就職活動支援講座」に加え、個別に就職や進学についての相談や紹介を行っています。担当教員が、履歴書の書き方や添削指導、面接での心構えやマナーなど、就職活動に関するサポートに応じていますので、気軽に相談してください。また、就職コーナーには、求人票閲覧コーナーやインターネットが利用できるパソコンも設置。いつでも自由に情報収集することができます。