日本文理大学医療専門学校

TEL:097-524-2857|FAX:097-524-2890|E-mail:iryou@nbu.ac.jp

資料請求オープンキャンパスお申込み

ライフスタイル

キャンパスの周辺は緑も多く、静かでのびやかな雰囲気に満ちた、まさに絶好の勉学の場。県外からの入学者が半数以上を占める本校では、キャンパス内のセールスセンターにより、推薦アパートなど住まいを紹介しています。アパートのほとんどがキャンパスから徒歩15分圏内。1Kタイプで家賃約3万円という暮らしやすさです。

通学面では、大型駐車場を完備しているので自動車やバイクが利用できます。JR大在駅と本校の間はJRの到着時刻にあわせて無料スクールバスも運行しています。また、徒歩20分のJR大在駅から大分駅までは約15分。デパート、ファッションビルや歴史的な史跡。公園などが並び、にぎわっています。

学校は山上で自然が豊か。目標を持って勉強に打ち込む人が多いので、僕も大いに刺激を受けます。アパートは部屋が広く快適。同じ一人暮らしの友人宅で勉強することもありますが、やはり落ち着いて集中したい時は、自分の部屋が一番。家事は意外に楽しく息抜きになります。計画的にお金と時間を使う習慣がつきました。

自宅からの距離に関係なく、医療系の専門学校を探した結果、高度な学習内容と信頼性で本校を選びました。自家用車を運転しての通学は、放課後遅くなっても、一人暮らしの友人宅に立ち寄っても、短時間ドライブだから帰宅がラクです。毎日の復習やテスト前勉強の時間を必要以上に割かずに済むので助かっています。

生活支援

学校推薦アパート

本校及び日本文理大学では、学校周辺の多くのアパートの中から、さまざまな条件を満たしているアパートを「NBU協力会」として指定しています。仲介は学校法人文理学園の委託業者が行い、手数料無料でアフターケアも万全です。その中でも本校では特に勉学の環境面を考慮し、医療専門学生だけが入居するアパートを指定しています。家賃は、15,000円~40,000円で、全てが1Kタイプです。また、アパートには管理人がおり、学生の生活をサポートします。すべての物件に食堂もあり、希望する学生には朝夕の食事も提供されます。

☆食事代1日あたり 1,300円(朝食450円、夕食850円)

一人暮らしの生活費の例(1ヶ月分) ※推薦アパート+食事付の場合
家 賃:26,000円+食事代:30,000円+その他の食事代、小遣い:20,000円、その他:10,000円=合計:86,000円

詳しくは、こちらのホームページへ
ワンエス(文理興産 )http://www.nbu.co.jp

学生相談室

クラス担任の他にも経験豊富なスクールカウンセラーが、学生生活への適応や人間関係などの悩み相談に、きめ細やかに対応しています。

NBU生活支援セールスセンター

学生食堂の2階にあるNBU生活支援セールスセンターでは、以下のような学生生活に役立つサービスを提供しています。

  • 各種チケット販売
  • コピー・FAXサービス
  • 引越し、宅配便・ゆうパックの受付
  • 各種損害保険(学生総合保険含む)
  • 学校推薦アパート紹介 など